Skip to content

6.11 原発さよなら祭り

June 1, 2011

Click here for the English version.

6月11日 原発さよなら祭り開催!(モンロイヤル公園)

モントリオールの長い冬が終わり、誰もが外に飛び出したくなる、そんな暖かい季節になりました。この気持ちいい太陽の光を浴びながら、思いっきり遊びたいですね。この当たり前のようにしてきたことが、今、これまでのように当たり前に出来なくなっています。Fukushima はもちろん、その近隣県では、そこに住む多くの人々が子供を外で遊ばせることに心配を抱いているのです。日本で今起こっていること、そしてそれが今後その地域さらには地球全体にまでも影響を及ぼし続けるであろうことは、ニュースなどで流れ私たちも知っています。Vermont Yankee原発が南に400km、Gentilly発電所が北に100km地点(断層線上)にあることが、多少ならずとも自分たちの生活(存続)を脅かしていることも知っています。

電気そしてその他私たちが当たり前のように享受してきた便利さよりも、外で空気を吸ったり遊んだりすることのほうがもっといい、そう感じるのです。原発なんて必要ない― そう思いませんか?共感して下さるみなさん、ぜひこのイベントに参加してください!

◆Kid-friendly 原発さよなら祭り◆
開催日時  6月11日、1時~5時
場所  モンロイヤル公園の東側にある「あずまや(gazebo)」
(Pine と du Parc の角から北に少し上がったところ、メインの銅像よりも南側のところです)

原発関連の絵やポスターを掲示して、関連する重要な情報をみなさんとシェアしたいと思っています。みなさんに伝えたいメッセージは深刻なもの、でも同時に、ゲームをして遊んだり、楽器を演奏したりなど、電気なしで遊ぶことがどんなに楽しいかを感じながら、このお祭りスタイルの原発さよならイベントをみなさんと一緒に楽しみたい、外で安全に遊ぶことの出来ることの安心感を一緒に感じて貰いたいと思っています。放射能に敏感に反応する成長過程の子供たちに、どんなに暑い日でも長そでを着せ、マスクをかけさせるなんてしたくないですよね。被ばく(内部被ばくはもちろん)の恐怖なしに外で安全に子供たちを遊ばせたい、そんな思いでいっぱいです。

私たちが求めているもの、
―地球で暮らす誰もが、この星のどこにいても、安全に自由に遊べる、
そんな環境を作るということ、そんな環境を子供たちに残してあげるということ―

共感してくれるみなさん、ぜひ「原発さよなら祭り」に遊びに来て下さい!

食べ物や楽器を持って、自由に遊びに来て下さい。
楽器は、本物の楽器でなくても構いません。単にバケツと棒一本でOKです!
または、音が鳴らせるものなんでもOK!(タンバリン、笛、マラカス、鍋、フライパン、おたま、などなど)

お祭り開催にあたり、ポスター、情報掲示板作りを来週行います。祭り準備の日時については追ってブログに掲載します。

About these ads
No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.